鶴瀬駅東口徒歩2分。間違いのない仕事を納得価格で請け負います!リフォームSHOPウィズワールドです

フリーダイヤル0120-11-2420(受付時間/9:00〜19:00)

ウィズワールド〈金谷ガス株式会社リフォーム事業部〉

リフォーム施工事例集

屋根・外壁

ふじみ野市 S社様外壁塗装工事2017年10月3日

リフォーム金額
1,750,000円
リフォーム期間
2週間
リフォーム内容
高圧洗浄、外壁コーキング補修、外壁3回塗り、屋根3回塗り(遮熱ロック)
軒天(防水塗料)、雨樋(ウレタン塗料)、シャッター扉さび落とし含む。

富士見市にある、事業所の外壁・屋根塗装をご依頼いただきました。

ビフォーはこちら

ビフォー

従来のイメージを壊さずに、きれいに仕上げるのがポイントです。

アフターの画像はこちら。

 

アフター

やや色あせ気味だった外観が、鮮やかによみがえりました。

事業所は活気が大切です。

定期的なメンテナンスで、見た目にもこだわりたいですね。

 

担当者のひとこと

屋根部を遮熱塗料で仕上げたので、気持ち涼しくなったとお喜びいただきました。

三芳町S様邸 外壁塗装工事2017年9月22日

リフォーム金額
980,000円
リフォーム期間
10日間
リフォーム内容
高圧洗浄、外壁コーキング補修
外壁3回塗り(アイカ工業ジョリパット)
コロニアル屋根3回塗り(ロックペイント 遮熱ロック)
雨どい(ウレタン塗料)
ベランダ防水(モルタル防水コート)

 

2年程前に、お近くで外壁塗装の工事をさせていただきました。

その時のお客様からご紹介をいただき、他のお客様の塗装工事をさせていただきました。
そのあと、そのお客様からご紹介をいただいて、S様にご縁を頂きました。

ありがたいお話です。

ビフォーのお写真はこちら

ビフォー

経年変化でやや汚れが目立つようになったものの、マットな塗りの風合いが出ている外観です。

この風合いを生かしたまま、きれいに仕上げることがミッションでした。

 

アフター

いかがでしょう!

新築時の美しさと風合いを取り戻しました。

塗料を間違えると、テカテカしてまさに「塗りました!」という仕上がりになってしまいます。

 

「やっぱり実績があるところにお願いして良かった」

とおっしゃっていただけました。

 

S様、ありがとうございました!

担当者のひとこと

新築時にジョリパットという塗りの風合いが美しい外壁材で仕上げられていました。
風合いをそのままに仕上げるため、同じジョリパットで仕上げました。
外壁の美しさがよみがえるリフォームで、うれしく楽しくお仕事をさせていただきました。

坂戸市N様邸 外壁塗装工事2016年9月21日

リフォーム金額
1,699,000円
リフォーム期間
約25日
リフォーム内容
外壁塗装工事
仮設足場、高圧洗浄、外壁塗装230㎡(下塗り ソフトリカバリー、中上塗り クリーンマイルドフッ素)、木部・鉄部ウレタン塗装、ベランダ 防水部トップコート、手すり 錆止めウレタン塗装、玄関上部タイルひび割れコーキング補修、浴室サッシまわり 補修吹き
現場処刑日含む

坂戸市にお住まいのN様邸。

外壁塗装のご依頼をいただきました。

大きくて立派なお宅です。

 

img_5269

塗装前 全景

 

茶と緑のタイルが映える外観ですが、やはり年月が経てばメンテナンスは必要です。

 

img_5258

塗装前2

 

外壁は汚れてきますし、

 

タイルはひび割れも

タイルはひび割れも

 

タイルにはヒビが入り、そこから水が浸入するということもあります。

そこで、今回は、ところどころに見られるヒビ割れの補修と、外壁塗装、さらにベランダは
防水塗装工事もご提案させていただきました。

特に外壁は、『せっかくやるんだから、長持ちして綺麗に仕上がるものを!』

というご要望を頂きましたので、フッ素をつかった塗料をご提案させていただきました。

高額ですが、仕上がりは美しく長く持つ、と塗装メーカーおすすめの塗料です。

 

img_5971

塗装後 軒天まできれい

 

こちら、仕上がった外観及び軒天の様子です。

写真ではその美しさがダイレクトには伝わらないのが残念ですが、本当にきれい。

 

タイル補修

タイル補修

 

こちらは、わかりにくいかもしれませんが、タイルをコーキングで補修したあとです。

当然洗浄もしていますので、外壁と同じようにきれいに蘇り、気持ちいいですね。

建物正面を比べてみましょう。

 

before after

before after

 

茶色のタイルのところなんか全然違いますでしょ?

外壁塗装と言いながら、洗浄もしっかりやるので、タイルなどの塗れないところも

しっかり綺麗になります

 

ベランダ防水

ベランダ防水

 

ベランダは雨が直接入り込みますので、防水塗装を行いました。

すっかり綺麗になりました。

 

N様、ご依頼いただきありがとうございました!

担当者のひとこと

Nさま、いつもありがとうございます。
大きくて立派なお宅でも、古くなれば汚れが付き、補修が必要な箇所も出てきます。
『どうせやるんだから、きれいに仕上がり長持ちするものを!』と、フッ素をお選びいただきました。
外壁を塗るとなると、足場など、どうしても必要な経費が同じようにかかってしまうので、N様のように『どうせやるなら!』と長持ちするものを選んでいただいた方が、お得だと思います。

ふじみ野市O様邸 外壁屋根修繕・塗装工事2015年7月27日

リフォーム金額
130万円
リフォーム期間
約10日間
リフォーム内容
修繕、及び交換
雨樋交換、破風板板金(ガルバ鋼板カラータイプ0.35mm)、霧除けセット補修、棟板金貫き材交換、既存板金脱着工事、玄関上軒天補修工事、外壁コーキング
塗装
外壁塗装3度塗り、屋根塗装3度塗り(下屋含む)、木部塗装(破風板など)、鉄部塗装(霧除け、雨戸、フードなど)、軒天塗装。足場工事、高圧洗浄含む

8年ほど前にトイレリフォームのお仕事をいただいたお客様から、

『そろそろ屋根と外壁を』と、お声がけ頂きました。

 

築30年ほど経過し、傷みが激しい箇所が散見されました。

 

軒天 ビフォー

軒天 ビフォー

 

こちら、玄関の軒天ですが、雨が染み込みこのままでは塗装できません。

結構な修繕が必要です。

 

庇

 

庇も塗装の剥がれが起きています。

 

壁面

壁面

 

壁面にもクラック(ひび割れ)が入っています。

これは、コーキングで補修する必要があります。

 

屋根

屋根

 

こちらは工事前の屋根の様子。

幸い屋根材は傷みが少なかったので高圧洗浄の後、屋根塗装すれば大丈夫でした。

しかし、屋根の一番高いところをおさえる棟板金貫き材は交換する必要がありました。

 

一つ一つ調査を行い、手を入れる必要が有る箇所は修繕を済ませます。

その後、塗装を行いました。

 

 

玄関の軒天

玄関の軒天

 

雨が染み込み、一部波うっていた軒天がきれいに仕上がりました。

雨樋も劣化が激しかったので、足場を組んだこの機会に交換しました。

古い雨樋でしたので、固定する器具の間隔も90cmでした。

最近は45cmピッチで固定していますので、安心感があります。

 

屋根

屋根

 

屋根も見違えるようにきれいになりました。

これで防水効果も復活します。

 

最後に全体を確認しましょう。

 

外観全体

外観全景

 

主だった箇所は修繕してから塗装しましたので、とっても気持ちいいですね。

 

屋根外壁修繕・塗装工事、完了です。

担当者のひとこと

築年数が経過していました。よくよく調査してみると、修繕が必要な部分が増えてきましたので、ご予算内で収めるよう、優先順位をつけて工事を行いました。
木部等かなり劣化していましたが、見違えるように仕上がったと思います。

三芳町 K様邸 外壁塗装工事2015年7月16日

ビフォーアフター

リフォーム金額
94万円
リフォーム期間
9日間
リフォーム内容
外壁、屋根3度塗り、(外壁ロックペイントユメロック、屋根SK科研 屋根フレッシュ)
軒天、破風板、雨戸、戸袋、雨樋等の塗装、仮設足場工事、高圧洗浄、窓枠養生費など含む。

三芳町で外壁塗装工事のご依頼を頂きました。

ビフォー

ビフォー

 

数年前に一度メンテナンスをされていますので、良い状態が保たれています。

色味も気に入っていっていらっしゃるので、元のイメージを残したい、というご要望でした。

 

作業中

作業中

 

周囲に影響が出やすい工事は塗装用の建築シートで覆って作業を行います。

最近は写真のようなシート、『ハッピーリフォーム!ウィズワールド』を付けて作業をおこなっています。

 

塗装中

塗装中

 

正面から見ると、三方角地のため、解放されていて気持ちいいですね。

しかし、裏手はお隣様との距離が近く、慎重にすすめています。

高所での作業なので、なにか落下するようなことがあったら大変ですから。

 

完成

完成

 

無事完成いたしました。

え?塗装前とあまり変わりがない?

はい、それがお施主様のご要望ですから。

元のイメージを残すというのは、案外難しかったりするのです。

 

外壁塗装工事、無事終了いたしました。

 

担当者のひとこと

写真を見るとそうは見えませんが、裏手は隣地との距離がなくこみ入った現場で、しかも建物自体がやや複雑な形状でしたので、足場を設置する際など、お隣様にお声がけしながら慎重に進めました。元のイメージを残したい、というご要望から、薄い緑色で仕上げました。ともするとお客様のイメージとギャップが出てしまう色味でしたが、確認しながらすすめたので、『思い通りの仕上がり』とご満足頂けました。

ふじみ野市K様邸 屋根外壁修繕・塗装工事2015年7月13日

ビフォーアフター

リフォーム金額
約130万円
リフォーム期間
約10日間
リフォーム内容
一部サイディング交換(撤去処分費含む)、各所サイディング補修(ビス打ち、コーキング補修)、
外壁・屋根 3度塗り、軒天、破風板、鉄部、雨樋、ベランダ防水の各塗装工事。
仮設足場、高圧洗浄、養生費含む。

ふじみ野市で、外壁修繕及び塗装工事のご依頼をいただきました。

 

施工前の現地

施工前の現地

 

数年前に一度現地調査をしておりましたが、ここに来ていよいよ傷みも激しくなり

修繕していただくこととなりました。

 

細部を見てみましょう。

 

032

サイディングの亀裂

 

お風呂の窓の下、

最も傷みが激しい部分です。

亀裂から雨水が入り込んでいます。

幸い防水シートにより、内部への侵入は防がれていましたが、このサイディングは

このまま塗装するわけにはいきません。

 

検討の結果、この部分は新しいサイディングに交換することとなりました。

とは言っても、全く同じサイディングパネルを手に入れることは難しいことから、

目地の幅が同じタイプのものを用意しました。

最終的には塗装しますので、色味は違っていても問題ないのです。

 

サイディング交換

サイディング交換

 

まずは最も痛みの激しい修繕が完了致しました。

 

この他にも、サイディングが浮き上がっている症状が確認されました。

サイディングの亀裂に雨水が侵入し、乾燥すると浮き上がってきます。

その浮き上がりをビスでとめ、コーキングを施してから塗装します。

 

外壁修繕2

外壁修繕2

 

白い点が多数見えますね。

この点がビスで浮き上がりを抑えつけて、その上からコーキングを行ったところです。

かなりの数ですね。

 

サイディングを全て外して、外壁の交換をするという手もなくはないのですが、

そこまでやると、費用は軽く3倍を超えます。

今回は、どうしても交換が必要なところのみ交換し、それ以外は修繕で対応することに致しました。

 

修繕を終え、外壁塗装が完了したお写真はこちら

 

完成した外観

完成した外観

 

白を基調としたお色味をご希望されたので、バルコニーは少し締りのある色味をご提案致しました。

 

 

修繕+塗装完了した屋根

修繕+塗装完了した屋根

 

こちらは、屋根の模様。屋根も、部分的には修繕する箇所がありましたが、それほど大掛かりにはならず、

塗装工事に入ることができました。

 

屋根外壁修繕塗装工事、無事完成いたしました。

担当者のひとこと

表面をきれいにして塗れば良い、という簡単な工事ではありませんでした。
浮き上がったサイディングをどのように対処すべきか検討を重ねて今回のやり方で収めました。
サイディングを全部交換するとなると予算も全く変わってきますので、適切な選択だったと思います。
想像以上にきれいに仕上がり、お客様にも喜んでいただけました。

ふじみ野市S様邸 外壁屋根塗装工事2015年2月10日

リフォーム金額
972,000円
リフォーム期間
約8日間
リフォーム内容
仮設足場工事( 養生シートを含む )、高圧洗浄( 屋根・壁 )、目地コーキング補修、窓枠養生費、外壁塗装 下塗り( ロックペイント カチオンシーラーマルチ)、中・上塗り(ロックペイント ユメロック)、屋根塗装 下塗り(SK化研 プライマー)、中・上塗装(SK化研 屋根フレッシュ)、軒天 (ロックペイント ケンエース=防カビ塗料 )、破風板、帯板塗装、雨樋い( ウレタン系塗料 )、ベランダ防水塗装 ( トップコートのみ )

ふじみ野市で外壁屋根塗装工事を行いました。

7~8年前に、ご近所様を当社で塗装させていただきました。

 

そのお客様のお話をお聞きになって、当社にお声がけをいただきました。

ビフォー

ビフォー

現地は、道から少し奥に入った場所に立地しています。

それほど汚れは目立ちませんが、そろそろメンテナンスしたほうがよいかな、

といった焼け具合になっています。

 

761

足場設置

まずは足場の設置から。

正面は、2階の塗装面が奥まっているのでバルコニーまでですが、裏側は屋根まで組んでいます。

 

検査

検査

さていよいよ作業・・・その前にまずは検査から。

棟の部分に若干の浮き上がりがあるように見えたので確認しています。

今回は異常が認められませんでした。

 

屋根 塗装前

屋根 塗装前

この写真だけではわかりにくいですが、強い日差しや雨、風の影響で、経年劣化が進んでします。

塗り替えるとこんな感じ。

 

アフター

アフター

陽の光の影響でやや見にくいですが、前の写真と比べると、塗膜に守られている状況が

よくわかると思います。

 

外壁完成①

外壁完成①

外壁面も仕上がりました。

 

ビフォーアフター

ビフォーアフター

並べて見るとよりわかりやすいですね。

壁だけでなく、シャッターボックスや、木部もきれいに仕上がりました。

今回は、従前の色味を優先し、印象がガラリと変わるようなことのないように

仕上げました。

 

完成写真③

完成写真③

さて、問題です。

屋根外壁塗装の工事以外で、ビフォーの写真と違っているところがあります。

お分かりになりますか?

もう一度、ビフォーの写真。

 

ビフォー

ビフォー

それでは正解を。

ビフォーの写真は、向かって左側に大きな網戸が一枚あります。

アフターの写真は、

 

完成写真③

完成写真③

2枚のガラスが、4枚になっているように見えますよね?

実はこれ、網戸をそれまでの半分の幅で2枚にして、両サイドに寄せているのでそのように見えるのです。

これなら、どちらの窓を開けても、網戸がしまっている状態を保てます。

全開にはできませんが、風を通すときなどはとても便利。

S様のリクエストにお応えして、新設いたしました。

 

担当者のひとこと

当初、飛び込み営業の会社に外壁塗装のお見積りをとったところ、非常に高額だったので、当社の100万円を切るお見積もりに 『これで本当にできるの?』と驚かれていたS様。ご紹介した網戸の新設に、シャッターボックスの不具合も解消することができ大変喜んでいただきました。
S様、この度はありがとうございました。

狭山市T様邸 屋根改修工事2014年10月2日

完成

リフォーム金額
94万円
リフォーム期間
約1週間
リフォーム内容
屋根瓦撤去(セキスイ瓦Uのみ)、チューオー 横暖ルーフ きわみ ガルバニウム鋼板への屋根葺き替え工事。
雪止め設置、棟換気、棟板金含む。

これまでの経年劣化と、今年の冬の大雪による影響で、手を入れることになった屋根の工事です。

 

既存屋根

既存屋根

 

棟のカバーをはずしています。

古い瓦は、数年前に既存の瓦の上に防水シートを貼り、その上に瓦を葺くという、

カバー工法で施工していました。

 

 

既存瓦撤去開始

既存瓦撤去開始

 

瓦は撤去できますが、その下の防水シートは外せませんので、その上に新しい防水シートを貼り付けます。

古い防水シートが機能していればいいのですが、劣化していますので、新しい防水シートが必要になります。

 

防水シート貼り付け

防水シート貼り付け

 

こちらが新しい防水シートです。

古い防水シートに貼り付けていきます。

 

防水シート完了

防水シート完了

 

防水シートが貼り終わりました。

このあと、ガルバリウム鋼板の屋根材を下から設置していきます。

 

ガルバリウム鋼板屋根設置開始

ガルバリウム鋼板屋根設置開始

 

なぜ下から重ねて貼っていくのかといいますと、

上から貼って行ったら、隙間から容易く雨水が侵入してしまいますので。

 

これから屋根を葺く左側にある雪止めは、まだ置いてあるだけです。

 

設置完了

設置完了

 

綺麗に葺き上がりました。

ガルバリウム鋼板の屋根は、軽くてメンテナンスも不要、断熱材もついているスグレモノです。

 

完成

完成

 

棟のカバーを設置して、工事完了です。

担当者のひとこと

以前から修繕のご依頼を度々いただいており、今回もお声掛けいただきありがとうございました。
瓦の重みで、和室のふすまなどが開きにくくなっているというお話をお聞きしていましたので、軽量でメンテナンスもいらず、断熱性もあるガルバリウム鋼板の屋根材をご提案させていただきました。
あまり外から見えないのが残念ですが、引き締まった印象で、格好もよくなったと思います。

川越市O様邸 外壁・屋根塗装工事2014年7月28日

塗装完了

リフォーム金額
約98万円
リフォーム期間
10日間
リフォーム内容
サイディング目地コーキング補修、高圧洗浄、外壁塗装3回塗り(ロックペイント、カチオンシーラーマルチ、ユメロック)、屋根塗装3回塗り(SK化研プライマー、屋根フレッシュ)、軒天、雨樋、破風板塗装、ベランダ防水塗装。仮設足場代、高圧洗浄、窓枠養生費含む。

先々週に引き続きまして、外壁塗装工事の施工事例をご紹介いたします。

まずは工事前の状態から。

 

既存外観

既存外観

築年数の経過に伴い、若干ですが色が褪せてきているようです。

実は、美観の問題だけでなく、手入れをしなければいけない理由がもうひとつありました。

 

バルコニーから漏水が!

バルコニーから漏水が!

この写真ではわかりませんが、1階の和室に水漏れが発生しました。

屋根か?サッシまわりか?検査をしましたが、原因はバルコニーの手すりと壁のコーキング劣化でした。

 

このコーキング劣化が起きているということは、ほかのコーキングもいつ役目を果たさなくなってもおかしくありません。

そこで、すべてのコーキングをやりかえることになりました。

まずは、足場を組みます。

仮設足場組立

仮設足場組立

新しい現場のシートを作りました。

シート看板

シート看板

明るく、元気な印象で、ハッピーリフォームを表現してみました。

 

さてコーキングのやりかえです。

コーキング1

コーキング1

サイディングの外壁の繋ぎ目のコーキングをやりかえます。

窓まわりコーキング補修

窓まわりコーキング補修

こちらは、窓まわりのコーキングの補修です。

コーキングのやりかえを終えてから、高圧洗浄を行います。

新たな漏水があったら、対処する必要がありますので。

下塗り塗装後

下塗り塗装後

新たな漏水は見つからず、ほっと一息。

フィーラーという無着色の下塗り剤でまずは塗装します。

このあと、時間をおいて塗装を行います。

1階窓まわり 仕上げ中

1階窓まわり 仕上げ中

最終的には、3回塗り上げ仕上げます。

それでは完成した模様をご紹介しましょう。

 

塗装完了

塗装完了

漏水も収まり、綺麗に仕上がりました。

 

施工前後を見比べてみましょう。

ビフォーアフター

ビフォーアフター

きれいに仕上がりました。

外壁だけでなく、屋根も光沢がでて、防水が効いている感じがしますね。

 

 

 

担当者のひとこと

漏水は原因の特定も難しいため、完全に止めたと言い切ることはなかなかできません。
今回も、最初は屋根が疑われましたが、結果バルコニーに水が吹き込んだものが原因のようでした。
今回の件で、コーキングをやり変えたので、当面は安心だと思います。美観も回復し、やりがいのあるリフォームでした。

所沢市H様邸 外壁・屋根塗装工事2014年7月14日

塗装完了 玄関まわり

リフォーム金額
約98万円
リフォーム期間
10日間
リフォーム内容
仮設足場工事、高圧洗浄、外壁3回塗り、屋根3回塗り、軒天(防カビ塗料)・破風板・霧除け・雨戸・雨樋各塗装、ベランダ防水、木製フェンス笠木交換、及び追加分塗装工事。

築25年ほど経過したお宅の、2度目の外壁塗装です。

1度目は、サイディング部分をピンク色で仕上げていました。

工事前の外観①

工事前の外観

お嫁に行かれ、ママとなったお嬢様のご意向を受けて仕上げた色です。

 

工事前 玄関まわり

工事前 玄関まわり

 

今回は、奥様のお好みの色味に仕上げていきます。

ますは屋根から。

屋根 高圧洗浄後

屋根 高圧洗浄後

高圧洗浄を行い、汚れを落とした後の瓦の様子です。

塗膜が剥がれてしまっています。

 

屋根塗装工事中

屋根塗装工事中

足場を組んでしっかり屋根を塗装していきます。

下塗り、中塗り、上塗りと3回塗ります。

各所塗装工事中

各所塗装工事中

あわせて外壁や、細かな部分にも塗装をしていきます。

外壁も屋根と同じく、下塗り、中塗り、上塗りと、3回塗ります。

 

屋根塗装完了

屋根塗装完了

屋根塗装完了しました。

しっかり塗膜に守られ、防水性も復活しています。

 

塗装完了 玄関まわり

塗装完了 玄関まわり

 

外壁も完成しました。

奥様のお好みは深みのある緑。

いい感じで仕上がりました。

 

施工前と比較してみましょう。

施工前→施工後

施工前→施工後

とてもシックな印象に仕上がりました。

屋根も、外壁も、フェンスもリフレッシュしました。

『愛着のある我が家、きちんと手を入れて長く暮らす。』

 

こうありたいものです。

 

 

 

担当者のひとこと

以前より、お住まいをお手入れする際には、お声がけいただいているHさま。いつもご相談頂き、ありがとうございます。新築当時に、しっかりとした建物を建てていらっしゃる上、定期的にお手入れをされているので、築25年ほど経過しているとは思えないほどに、とても素敵な外観に仕上がりました。

狭山市T様邸 屋根交換工事2014年5月19日

リフォーム金額
約61万円
リフォーム期間
5日間
リフォーム内容
既存屋根撤去工事(セキスイ瓦U)
防水シート設置
チューオー 横暖ルーフ きわみ ガルバニウム鋼板 への屋根葺き替え工事
雪止め設置

2月に降った大雪の爪痕が未だに残っています。

今回は、あの大雪で積もった雪が、2階の屋根から滑り落ち、

下屋を直撃して割れてしまった屋根の修理事例です。

 

1、落雪被害A

落雪被害による割れ

乾いた状態で屋根を見ると、雪の落下による割れとは想像しにくいですね。

2、落雪被害B

落雪被害 2

既にかなりの年数が経過していたこともあり、交換することになりました。

実はこの屋根は、数年前に元の屋根の上に防水シートを貼って上から葺いたもの。

今ではカバー工法という呼び方をするようです。

積水化学工業の瓦U(カワラユー)という商品です。

3、電動梯子セット

電動はしご

電動はしごをかけて、屋根に上ります。

4、既存瓦 撤去中

撤去中

施工するときは下から上へ重ねていきますので、撤去するときには、

上から下へ外していきます。

下から重ねていけば、雨水が屋根内部に入るのを防げます。

6、既存瓦 撤去後

撤去完了

綺麗に撤去が終わりました。

残っているのは防水シートです。

この下に、新築時に葺かれたコロニアル屋根があります。

この上に防水シートをもう一度しき、屋根を葺いていきます。

7、防水シート施工

防水シート施工

新しい防水シートです。

葺き替え中

葺き替え中

積もった雪が滑り落ちないよう、雪止めも設置していきます。

ガルバリウム鋼板の屋根材

ガルバリウム鋼板の屋根材

このガルバリウム鋼板は優秀です。

何が優秀か?

①軽いので既存の屋根の上に葺いても負担が少ない。

②メンテンスフリーで頑丈。

③断熱材も入っているので、夏の日差し、冬の寒さを寄せ付けない。

 

撤去した瓦Uも、当時としては軽い素材だったようですが、それでも家の構造に

少し影響があったようです。

ガルバリウム鋼板は比較にならないほど軽く強い素材です。

11、葺き替え完了

葺き替え完了です

今回の屋根工事は、従来の屋根を撤去して構造自体をやりかえる、という方法もありました。

でも、コストパフォーマンスを考えると、今回の方法が断然よかったと思います。

大雪が降っても安心ですし、夏も冬も快適になって、その上メンテナンスフリー。

良い選択をされたと思います。

 

担当者のひとこと

以前からご依頼いただいているお客様です。
今回もご相談をいただくところから始まり、いろいろな選択肢がある中で、
最善の選択をしていただけたと思います。
これで安心して暮らしていただけます。

三芳町O邸 外壁・屋根塗装、給湯器交換工事2014年3月12日

塗装アフター

リフォーム金額
外壁塗装 約90万円、給湯器交換 約19万円
リフォーム期間
外壁塗装 10日間  給湯器交換 1日
リフォーム内容
屋根外壁塗装
外壁 アイカ ジョリパットフレッシュによる仕上げ
コロニアル屋根 SK化研屋根フレッシュによる仕上げ
雨樋い ウレタン塗料による仕上げ

給湯器
リンナイ20号壁掛けオートタイプ エコジョーズ 都市ガス13A
本体RUF-E2001SAW+マルチリモコンMBC-220V+配管カバーROP-R101取付

昨年から今年にかけて、外壁・屋根塗装と給湯器交換工事を

ご依頼いただいた地元・三芳町 O様邸の現場です。

 

塗装 ビフォー

塗装 ビフォー

 

まだ綺麗ですが、うっすらと黒い影のような汚れがついてきていますね。

塗料にもよりますが、外壁の塗り替えは、概ね10年~15年程度と言われています。

 

早め早めに対応しておけば、大事にいたらずに済むので、結果的に

お安く済むケースが多い工事です。

 

外壁工事の目的は、防水と美観の維持です。

 

壁に亀裂が入って放っておいたら、壁に雨水が流れ込み、家の寿命が縮んでしまいます。

 

塗装アフター

塗装アフター

 

きれいに仕上がりました。

この写真ではわかりにくいかもしれませんが、表面を粗い塗料で仕上げた外観ですので、

ジョリパッドという砂の混ざった塗料を使っています。

 

色味も、事前にA4サイズの色見本を3枚ほどご用意して念入りに色を決めましたので、

違和感なく仕上がりました。

 

実はこの段階で、『もう少ししたら給湯器も替えようかと・・・』

というお話をいただいていました。

 

給湯器ビフォー

給湯器ビフォー

 

これは塗装前の写真です。

よくあるケースでは、給湯器上部のビスをそのまま上から塗ってしまうというもの。

 

これをやられると、給湯器交換の際にスムーズにボルトが外せず、仕上がりに影響する上、

住宅に損傷をきたす場合もあります。

 

当社は給湯器の施工実績が多いので、当然塗るべきでないところは塗りません。

 

給湯器下部もカバーを外して、濡れる範囲を塗っていきます。

 

給湯器アフター

給湯器アフター

じゃーん!

塗装工事完了から、9ヶ月ほど経過しましたが、給湯器『エコジョーズ』が取り付けられました。

 

とても計画的に修繕を行っていらっしゃるO様。

 

お家を大切にしていらっしゃいますね。

 

 

 

 

 

担当者のひとこと

元の外観の質感を残すことにこだわられていらしたので、アイカ ジョリパットをお勧めいたしました。
外観の印象を決める塗料は通常とても小さな色見本で選ばなければならないので、
A4サイズの見本を用意し、天気の良い日に選んでいただきました。
そのあとに控えた給湯器交換も、当社の知見を活かして、スムーズに工事が進んだと思います。

所沢市・I様邸・外壁塗装工事2012年6月17日

リフォーム金額
約80万円
リフォーム期間
7日間(H24年5月)
リフォーム内容
外壁塗装工事

【施工前】

156.JPG 109.JPG

現在のイメージを重視し、耐久性の高い塗料を使用したいとのご要望でした。グレー系の濃淡3種類のサンプルを用意し、決めて頂きました。 また、ご近所へも配慮し、有機溶剤を使用しない関西ペイントの環境対応型水性ウレタン塗料で仕上げました。

【施工後】

017.JPG 018.JPG 020.JPG

工事後、ご近所の多くの方から「とてもキレイに仕上がったね」とお声がかかり、お客様には大変お喜び頂けました。

担当者のひとこと

好天に恵まれて順調に作業を行うことができました。雨戸と雨樋に半ツヤ消しの塗料を使用し、一見、新品のような、外壁のツヤを引き立てた落ち着いた仕上がりに塗装できました。

三芳町・A様邸・外壁塗装工事2012年2月17日

リフォーム金額
約180万円
リフォーム期間
20日間
リフォーム内容
外壁・屋根塗装 軒天・破風板・雨樋補修 タイル部洗浄
p_03.jpg

p_10 p_12.jpg
p_22.jpg p_23.jpg
p_arrow.jpg p_05.jpg

p_13.jpg p_15.jpg
p_24.jpg p_25.jpg

 

【お客様の希望や商品のポイント】

三芳町A様邸にて、外壁塗装工事を行いました。

築40年のご自宅のお手入れをしたいとのご要望。
せっかく足場を掛けて塗装をするのですから、傷みの激しい軒天や破風板、雨樋も一緒に補修することにしました。

担当者のひとこと

ご主人が印刷関係のお仕事をされていたそうで、色の配色には強いこだわりがあったそうで、
同系色での施工となりました。お家のイメージを崩さないよう、慎重な施工を心がけました。

愛犬のシュウくんのお家も塗装させていただきました。
施工中は塗料の臭いがちょっと気になったご様子。ごめんなさいね。

丁寧な仕事と仕上がりに大満足!と、A様にはお褒めのお言葉をいただきました。
その言葉が私共は何よりも嬉しいです!本当にありがとうございました!

所沢市・K様邸・外壁塗装工事施工事例2011年8月17日

リフォーム金額
約84万円
リフォーム期間
10日
リフォーム内容
外壁塗装工事

IMG_3518.JPG

IMG_2541.JPG IMG_2534.JPG IMG_2548.JPG

 

【お客様の希望や商品のポイント】

お客様より、「既存のイメージを崩さず、清潔な仕上がりで長持ちする塗料」との御要望。

カラーサンプル帳では分りづらいので、ホワイト系とアイボリー系の中から、

3種類のサンプルをA4版で製作し、慎重に外壁に採用するカラーを決定して頂きました。

 

また、ご近所で病床の方がいらっしゃるとのお話でしたので、

有機溶剤を使用しない関西ペイントの環境対応型水性ウレタン塗料をチョイスしました。

 

御近所の方々に迷惑にならないように、外壁塗料も日々進化しています。

外壁塗装に関して気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

担当者のひとこと

梅雨明けの大変暑さ厳しい時の作業でしたが、活気ある若いスタッフの頑張りにより、
お客様のご要望に叶う仕上がりとなりました。
また「秋、雨樋に枯れ葉が詰まってしまう」とのお話がありましたので、高圧洗浄と枯れ葉ガードを取付、
御満足いただけました。

所沢市・W様邸・外壁塗装工事2011年2月17日

リフォーム金額
約84万円
リフォーム期間
約8日
リフォーム内容
外壁塗装工事

所沢市W様邸にて、外壁塗装工事のご依頼を頂きました。

【施工前】

mae1.jpg mae2.jpg mae3.jpg
■外壁塗装に使用塗料と特徴■
関西ペイントのアクアレタン。業界最大手の関西ペイントを使用。
環境に優しい水性塗料ですが、高対候・高光沢・防水性・防カビ性・防藻性に優れています。

【施工後】

ato1.jpg ato2.jpg ato3.jpg
塗装後はこんなにピカピカ!
完全水系の塗料ですから、シンナーを使いませんので施工中も臭いが軽減され、油性よりも負担が少ないです。

担当者のひとこと

お客様のご要望は、既存のイメージを大切にしたいということでしたので、調色には大変気を使いました。仕上がりですが、元のイメージを壊さないまま、とてもくっきりと、はっきりとしたイメージで新しく生まれ変わったかのようで、お客様にも御満足いただけました。水性塗料なので、大切な赤ちゃんやペットがいても安心して工事できます。